【投資初心者向け】投資の第一歩!楽天証券で投資信託のクレジットカード積立を設定する方法を解説

投資・資産形成

Hello! リカルドです。

今回は、楽天証券でクレジットカード積立を設定する方法を画面スクショを使って解説します。

楽天証券では、楽天カード決済で投資信託の積立をすることができます。
これを活用することで、積立額の1%分、楽天ポイントを獲得することができますので、
実質、1%OFFで積立投資ができます。

楽天カード決済での積立投資を活用した楽天ポイントの獲得術は別記事でも解説しています。
今回はこの記事の補足として、積立設定の仕方を説明していきます。

まだ証券口座を開設していない方は、まずは証券口座を開設しましょう。
(楽天証券)

※本記事では特定の投資商品への投資を推奨するものではありません。
最終的な投資判断は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

積立する投資信託を選ぶ

まずは積立投資する商品(投資信託)を選びます。

とはいっても、楽天証券で取り扱っている投資信託の数は2500本以上あるので、1つずつ自力で選ぶのには気合が入ります。
条件で絞り込んでいきましょう。

楽天証券のHPからログインし、「投資信託」の項目に進みます。

次に「投信スーパーサーチ」の項目に進みます。

「投信スーパーサーチ」の画面では、「海外×株式×インデックス」など自分で好きな条件を設定して投資信託を検索することができます。
もちろん、積立てたい投資信託の名前が特定できている場合は、その名称でも検索できます。

今回は「積立×インデックス×株式×北米」の条件で絞り込みをかけます。
左にあるメニューの中から、該当するものにチェックを入れていきましょう。
チェックをいれるごとに自動で検索されて絞り込まれていきます。

今回は30件の投資信託がヒットしました。

自分の好きな条件で並び替えをすることもできます。
例えば「管理費用」(投資信託を運用する手数料)を低い順に並べ替えてみます。
各項目の下にある矢印をクリックすると並び替えできます。
もう一度クリックすると、逆(高い順)に並び替えられます。

今回は試しに、検索した条件の中で一番管理費用が安い「eMaxis Slim米国株式(S&P500)」で積立設定をしていくことにしましょう。

投資信託の積立購入を設定する

投信スーパーサーチの画面から商品名を選択すると、個別の投資信託の画面に移ります。

今回は「積立注文」を選択して、積立投資の設定を進めます。

「スポット購入」は今回の1度だけ、指定した金額分の投資信託を購入をする方法です。

積立注文の画面に進むと、積立の決済方法の選択をします。
今回はクレジットカード決済をするので、真ん中の「楽天カードクレジット決済」を選択します。

通常の証券口座の残高から購入する場合は上段の「証券口座」を選択します。

次に積立金額を設定します。
クレジットカード決済は毎月5万円が上限となっていますので、この範囲内で設定しましょう。
筆者の例だと3万円が上限になっていますが、これは既に他の積立設定で2万円分使っているためです。

楽天ポイントを投資に回すことも可能です。
楽天ポイントで投資信託を購入したい場合はここで使うポイントの設定をしましょう。

次に「分配金をどうするか」「どの口座で購入するか」を選択します。

分配金とは、投資信託から発生した利益が所有者(われわれ)に還元される配当のようなものです。
お金を増やしたいことを優先するなら再投資、今お金を受け取りたい場合は受取、にしましょう。
迷ったら再投資しておくことをオススメします
複利の効果によって、資産の増加が加速できるからです。

ただ、今回購入する「eMaxis Slim米国株式(S&P500)」は、投資信託内で発生した利益を自動で再投資に振り向けるもので、そもそも分配金がありませんので、そのまま再投資型にします。

口座は、初心者は特定口座にしておくことをおすすめします
株式の売買などで発生した利益には税金がかかるので、確定申告をしないといけません。
特定口座で設定をしておけば、源泉徴収の形で、証券会社が税金の計算と納付をやってくれるので、手間が省けます。

楽天証券で積立NISAの口座を持っている場合、ここの選択肢に積立NISAの口座も選べると思いますので、お好きなものを選びましょう。

設定が完了したら「目論見書の確認へ」に進み、目論見書を確認します。

目論見書とは、投資信託についての商品説明書のようなもので、どのようなものに投資する投資信託なのか、信託報酬はいくらなのか、などの情報が記載されています。

閲覧しないと先に進めないようになっていますが、そういうことは置いといて、目論見書は必ず目を通して、「自分が何に投資をしているのか」は把握しておくようにしましょう
何に投資するのか分からず買うのは論外です。

全て終わったら取引番号を入力して、注文、これで完了です。
あとは全て自動で資産が積み上がっていきます。

楽天証券のカード決済は、毎月1日が決済日(投資信託を買い付ける日)になっていて、前月の12日までに設定をしておく必要があります

その月の13日以降に設定をする場合、投資信託の買付は最速で翌々月の1日になるので、このスケジュールは頭に入れておきましょう。

まとめ

以上、楽天証券で楽天カードを使って積立投資する時の設定方法でした。

投資初心者の方が楽天証券で投資する時の参考になれば嬉しいです。

では! Adiós!!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました